BST進学教室へようこそ!

<よくある質問>



・講義授業がないようだけど、大丈夫?



どれだけ簡単な内容であっても、未習分野を学ぶとき、

ほとんどの生徒は、問題を解こうとする前に、「まず説明して欲しい」と言います。


でも。

「説明書を全部読んでからゲームをするのか?」

「ルールを完全に覚えてからサッカーをするのか?」

私はよく生徒にそう問いかけます。


まずやってみる。

そして、詰まった時・うまくいかない時・わからない時に、

説明書やルールブックを見る。

そう答える生徒が、ほとんどです。


勉強も、それでいいのです。

まずやってみる。まず楽しむ。

うまくいかないときに、うまくいっても遠回りしているときに、説明を受ける。

そうすることで、「わかり切ってる話をされる」「分からない話ばかりされる」という、

無駄な時間を過ごす必要が一切なくなるのです。


「講義授業」のない当塾では、生徒にまずプリントやテーマを与え、

「自分で考えてみる」ことを要求しています。


こうして「説明より先に自分で動く」ことによって、

分からない、出来ないところをあぶりだし、そこだけをきっちり学べる。

非常に効率の良い勉強ができるのです。


さらに、「自分から動く」ことによって、「勉強を受け身の姿勢でやる」のではなく、

「自発性を持てるようになる」という、大きな効果もまた、期待できます。


実際こうして、無駄のない勉強をさせた結果が、この合格実績です。


小中学生には、やらなければならないこと、やっておいた方が良いことが、

勉強のほかにもいっぱいあります。

むしろ、そういう「勉強以外ののこと」をやらない生徒は、必ず高校以降伸び悩みます。


この塾の「演習授業」スタイルで、効率よく勉強して行きましょう!

ページのトップへ戻る